96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s

ほうれい線が気になっていたけれど、あるケアしたら、劇的に変化があった。

そんな口コミを紹介します。

何か特別なケアをしたんでしょうか?

お金がかかるケアなのでしょうか?

それとも、誰でもできるケアなのでしょうか?

気になりますよね。
早速、チェックしてみましょう。

たったこれだけで、ほうれい線がきにならなくなった。

30歳を過ぎたころから、顔の皮膚のたるみと共にほうれい線が気になるようになりました。

お肌の調子を見ようとふと鏡を見ている時に、それまでは口もとに線は全く無かったのに、線ができていると気づきました。

年配の方から話は聞いていましたが、これがほうれい線なんだと思いました。

20代の前半の頃一度、お肌の調子がガクッと落ち、シミが目立ち始めたのが一度目の曲がり角でしたが、ついに30代前半で、お肌の曲がり角の二度目がきたようです。

これに気づいてから今現在までずっとほうれい線のケアをしています。

ほっぺたのお肉を引き上げてみるとそのほうれい線は消えてなくなるので、結局はたるみが原因なんだと思いました。

そこで、お肌のリフトアップを図ろうとしました。

インターネットで情報収集し、リフトアップマッサージの方法と、その他のケア方法を調べました。

顔の皮膚のたるみをケアすることと、クリームなどで十分に保湿してあげることで水分量を確保し潤いをもたせることで、ほうれい線が薄くなるということでしたので、化粧水や乳液をつけた時に顔のマッサージをするようになりました。

マッサージの方法は、化粧水や乳液やクリームなど手や顔に少し残っていて、マッサージしても肌が無理やりに擦れない状態で行います。

療法の指をチョキのような形にして、顔の輪郭に沿って、アゴの下から、耳のほうまで引き上げます。

耳まで行ったら、耳の後ろから首を伝って鎖骨の辺りまで軽くリンパを流すようなイメージでさすります。

これを数回繰り返します。

その次に、両方の指をアルファベットのLのような形にして、人差し指がほお骨を押し上げるようなイメージで頬から耳の辺りまで引き上げます。

これは小顔効果が期待できるマッサージ方法だということです。

頭の骨が普段の生活で少しずつ緩んでくるのに、このマッサージをすることによって、骨をぴったりくっつける効果があるため、その隙間がなくなった分、小顔になるというものです。

これはリフトアップにも繋がるのではないかと信じてつづけています。

この二種類のマッサージを続けた結果、知人友人から、顔が小さくなったと言ってもらいました。

また、ほうれい線の悩みを打ち明けても、え?見えないけど?と言ってもらえるようになりました。